過少申告加算税と無申告加算税最新の記事

過少申告加算税とは

 

過少申告加算税とは、申告期限内に提出した申告書に記載された金額が過少であった場合、税務署の調査などにより修正申告をしたり、更正処分を受けたときに支払わなければならない罰金のこと。

税金は申告期限が定められており、また申告期限までに支払わなければなりません。これを怠るとさまざまな追加の税金が加算されることになりますが、過少申告加算税(かしょうしんこくかさんぜい)もその一つです。

「確定申告で税金が不足している」「還付される金額が多すぎる」「損失の金額が多すぎる」といったことに気づいたとき、納税者には自主的に修正申告をすることが求められます。そして自主的に修正申告をすれば、過少申告加算税は課せられません。しかしそれをせずに税務署の調査などによって発覚したときのみ、過少申告加算税が課せられます。

税金は一円たりとも余計には払いたくないものですが、過少申告加算税のことを考えると、税金の申告漏れに気づいたら速やかに修正申告したほうがいいのは言うまでもありませんね。

過少申告加算税と無申告加算税について

税金対策も行き過ぎると「脱税」になります。脱税は言うまでもなく犯罪ですから、税金対策もほどほどに。
カテゴリー
更新履歴
過少申告加算税とは(2009年8月19日)
過少申告加算税の計算法(2009年8月19日)
無申告加算税とは(2009年8月19日)
無申告加算税について(2009年8月19日)